デリケートな肌も安心なボディソープを使おう

お風呂上がりに全身がかゆくなるようなデリケートな肌の場合はボディソープ選びも大切になってきます。


ただ難しいのは、肌に合わないものを使っても刺激になるし、不潔にしておくことも皮膚炎などの原因になってしまうので、汚れを最低限落としつつも肌に優しいボディソープを選ぶことが大切なのです。


でも、ドラッグストアなどで市販されている低価格で入手しやすいものの多くは、肌への刺激の原因となる可能性の高い成分が配合されていることも多いので、なかなか肌に合うボディソープが見つからないという方も多いでしょう。

そこで、デリケート肌の方がどんなボディソープを選んだらいいか、おすすめのアイテムはどれか?といった疑問を解決していきたいと思います。


すぐに商品情報を知りたい方は「デリケート肌におすすめのボディソープランキング」を参考にしてみて下さい。


デリケート肌にボディソープは使わない方がいい?

敏感肌でちょっとした刺激でも赤くなったりかゆみを帯びるような肌の場合には、ボディソープを使わない方がいいんじゃないかな?と思っている方も多いですよね。


確かに一時的に刺激となる可能性のあるものは避けることも大事ですが、最初に少し触れた通り、肌に汚れが残ったままの状態を放置しておくのも肌荒れなどの原因になってしまいます。


そこで


  • 肌に合わないものは使わない
  • 皮脂などの汚れを最低限落とす

というように、肌へのダメージと汚れを落とすことのバランスを取ることが大切です。


では、上記2つのポイントについて、気を付けるべきポイントを具体的に説明しましょう。


肌に合わないものは使っちゃダメ

基本的にデリケート肌というのは、肌のバリア機能が低下しているため、通常であれば刺激を感じないようなものであっても炎症を起こしてしまったりする状態です。


しかも、どのような成分が刺激に感じるかは個々によって変わってくるので、いくら口コミなどで評判がいいからといってあなたの肌に合うとは限りません。


だから、いくら肌に優しいと評判であっても、少し試してみて異常を感じるようならば、すぐに使用をやめるようにしましょう。


痛みやかゆみがあるのに使い続けていると、敏感肌の症状はどんどん悪化してしまうので注意が必要です。


皮脂などの汚れを清潔にすることも大切

肌に合わないボディソープは使い続けるべきではありませんが、何も使わずにシャワーだけで長期間過ごすこともデメリットがあります。


あまり認識していない方が多いと思うのですが、体中の毛穴から分泌される皮脂は、時間の経過とともに皮膚の常在菌によって分解されます。


その時に遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)というものが発生し、この脂肪酸が皮膚に刺激を与えるため、炎症などを引き起こすのです。


毎日ちゃんとお風呂に入って体を洗うことは、体臭などの臭いを予防することが目的のように思っているかもしれませんが、実は皮脂による肌へのダメージを避けるということも大切なことなのです。


そのため、敏感肌があまりにもひどい場合は一時的にお湯で軽く流すだけということも必要かもしれませんが、やっぱり臭い(特に脇やデリケートゾーンなど)が気になりますし、皮脂による刺激を避けるためにも、あなたの肌に合ったボディソープを使うことがベターなのです。

デリケート肌に使用するボディーソープの選び方

刺激に弱いデリケートな肌に使用するボディソープを使うことで、肌へのダメージを抑えつつ汚れを落とすことが可能になりますが、どのようなボディソープを選んだらいいかわからないという方も多いでしょう。


そこで、敏感肌にも安心なボディソープの選び方を紹介しましょう。


主なポイントとしては


  • 洗浄力が強すぎたり刺激の原因になる成分が入っていないこと
  • 肌に潤いを与える成分が配合されていること

という2つの点が大切です。


それぞれについて、詳しく説明しましょう。


洗浄力が強すぎたり刺激の原因になる成分が入っていないこと

敏感肌に使用するボディソープは、できるだけ刺激を軽減するためにも洗浄力が強いものは避けなければなりません。


一般的な洗浄剤(ボディソープやシャンプー、台所用洗剤など)には、油分などの汚れを水で洗い流せるようにするために海面活性剤というものが配合されています。


海面活性剤は、本来は交じり合わないはずの油と水をくっつけることを可能にするものなので、水では落ちないような油汚れも落とすことができるようになるわけです。


でも、ドラッグストアなどに多く流通している市販の低価格なボディソープやシャンプーに使われている石油系界面活性剤と呼ばれるものは、少々洗浄力が強めです。


成分名などを見たときに


  • ラウリルまたはラウレス硫酸Na
  • ラウリルまたはラウレス硫酸アンモニウム

といった○○硫酸と表示のある界面活性剤は、健康な肌の方にとっては泡立ちがよく汚れも落ちやすい、さらに価格も安いのでコスパが高いのですが、敏感肌の方にとっては洗浄力が強いと感じることも多いのです。


そのため、できるだけ上記で挙げたような石油系(または硫酸系)と呼ばれる界面活性剤が配合されていないボディソープを選ぶ方が安心でしょう。


肌に潤いを与える成分が配合されていること

これは絶対に必要というわけではないのですが、肌がデリケートな状態になってしまうのは、皮膚の持つバリア機能を刺させているセラミドという油分が少なくなってしまうことが主な原因です。


セラミドが減少すると皮膚の表面にある角質層に隙間ができて、皮膚の刺激となる成分まで入り込んでしまうため、炎症などを起こしてしまうのです。


そのようなことがないように、もしも可能であればセラミド、またはセラミドの生成をサポートしてくれるような成分を配合したボディソープを使用するのがベターでしょう。


ただ、保湿をすることよりも必要な油分を洗い流さないようにすることの方が大事なので、あくまでも「あった方がいい」という程度に考慮しておいて下さい。

デリケートゾーンに使うことも考慮されたものだと安心

女性の場合はデリケートゾーンのかゆみや臭いが気になる方も多いと思いますし、粘膜なので特に刺激に弱いので、ボディソープは肌に優しいものを選ぶことが大事です。


そのため、皮膚への刺激が少ないものを選ぶ基準の1つとしてデリケートゾーンでも刺激を感じないように考えられて作られたものなら安心ですよね。


特に、生理中の臭いが気になる方やかゆみなどがある場合には、肌に優しいものを選ぶためにもデリケートゾーンの臭い対策に配慮されたボディソープの使用を検討してみください。


そういったものは保湿効果などにも配慮されているので、敏感肌の方にもぴったりだと思います。

デリケート肌におすすめのボディソープランキング

しみずの無添加ボディソープ

しみずの無添加ソープ

商品の特徴

約150ヵ国で特許出願中!敏感肌でも使える人気のボディソープ!

敏感肌がひどい赤ちゃんにも使えるように余計なものは徹底して排除し、さらに皮膚のバリア機能や水分保持機能に欠かせないセラミドを5種類も配合した優れもの。

通常価格4,480円(税抜)が初回41%OFFの2,980円&送料も無料!

価格 2,980円(税抜)
評価 評価5
送料 無料
ポイント
  • 現役医師が監修し、世界150各国で特許出願中
  • うるおい保持やバリア機能に欠かせないセラミドを配合
  • 初回41%OFF&送料無料
しみずのボディソープをもっと詳しく見てみる
コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸

商品の特徴

製薬メーカーグループの持田ヘルスケアが開発したデリケートゾーンにも使える優しいボディソープ。

汚れを洗浄しつつ、臭いの原因菌を殺菌する作用もあるため、敏感肌だけどワキやデリケートゾーンの臭いが気になる方ピッタリ。

今ならネットでの申し込み限定で毎月1,000名限定のプレゼント付きです。

価格 1,944円(税込)
評価 評価4.5
送料 無料
ポイント
  • 持田ヘルスケアが開発したデリケートゾーン用ソープ
  • 洗浄&殺菌作用があるため、敏感肌だけど臭いが気になる方にぴったり
  • 毎月1,000名限定のプレゼント付き
コラージュフルフルをもっと詳しく見てみる
mogansボディソープ

モーガンズ

商品の特徴

刺激の少ないシャンプーでも人気のmogansよりボディソープが登場。

敏感肌や乾燥肌のために開発されたもので、皮膚となじみのよいアミノ酸成分と4種類のアロエベラエキス配合により汚れだけをしっかり落としてみずみずしく洗いあげます。

赤ちゃんから大人まで使えるので、小さいお子さんがいる方にもぴったり!

価格 2,484円(税込)
評価 評価4
送料 640円
ポイント
  • 乾燥肌・敏感肌のために開発
  • 20種類のアミノ酸成分+アロエベラエキスにより汚れは落ちるのにしっとり
  • 2,484円(税込)+送料640円
mogansをもっと詳しく見てみる

洗い方やすすぎ方にも注意しよう

デリケート肌の方が体を洗う時には、ボディソープだけでなく洗い方やすすぎ方にも配慮することが大切です。


具体的には


  • ナイロンタオルなど刺激の強いものを使わない
  • 熱いお湯ではなくぬるま湯ですすぐ
  • できるだけ泡立てて洗う

といったことです。


ナイロンタオルなど刺激の強いものを使わない

稀に軽く体をこするとチクチクするような刺激を感じるナイロンタオルやスポンジがありますが、そのようなものは使用しないようにしましょう。


敏感肌の場合は摩擦による刺激でも炎症などを起こしやすいですし、摩擦による刺激は角質が厚くなって毛穴を詰まらせやすくなる原因にもなるため、基本的に肌に良いことはありません。


あくまでも洗浄剤によって汚れを浮かせて落とすものなので、こするような洗い方は避けるようにして下さい。


熱いお湯ではなくぬるま湯ですすぐ

寒い冬などにやってしまいがちなのですが、体を温めるために熱いお湯ですすぎをしてしまうことってありますよね。


でも、熱いお湯ほど皮膚のうるおいやバリア機能の維持に欠かせないセラミドの流出を促進してしまいますし、温度変化によってかゆみなどを引き起こすので避けるべきです。


もしも寒く感じるのであれば、体を洗う前に湯船につかって十分に温まってから洗うようにしましょう。


できるだけ泡立てて洗う

最後に、可能であればボディソープは泡立ててから使うようにしてください。


泡をたくさん作ることで、泡がクッションになってくれるため、皮膚への過剰な刺激を軽減する効果が期待できるからです。


ただ、泡立ちがよいということは界面活性剤が多く配合されているということでもあるため、肌に優しいものの中には泡立ちが悪いものが多いのも事実です。


だから、必ず泡がないとダメというわけじゃなくて、泡が立てられるのであれば面倒くさがらずにしっかりと泡立ててから使うようにするようにしましょう。


すごく当たり前のことなので、すでに実践している方も多いと思いますが、今自分がやってしまっていないか確認してみて下さいね。