日本義肢装具学会学術大会の取り組み

義肢装具の制作や修理にかかる期間について

身体に障害を持っている人のなかに、足がないとか手がないなどの障害がある人がいます。そういった人たちはそのままの姿ではときには日常生活に支障をきたすことがあります。義足や義手などがあれば、健常者に近い生活が送れるようです。また日常生活ではなく、スポーツをしたり旅行をしたり趣味を楽しんだりと生きる張り合いも生まれてくるようです。義足や義手は義肢装具と呼ばれており、専門に制作をしている会社があります。

 

義肢装具を専門に作っている人たちがいて、そういった人たちは義肢装具士と呼ばれています。専門の学校で学んでから国家資格に合格するとなることができます。医療が以前に比べると急速に進歩しているように、義肢装具も以前に比べると進歩しています。以前は義足をつけていると違和感があったようですが、今ではその違和感もかなり軽減されてきており自分の体の一部として活用されてきているようです。

 

日本には日本義肢装具学会という団体があり、義肢装具の世界がさらに進歩できるように努力しています。ときには日本義肢装具学会学術大会というものも開催されており、研究内容を発表する場も設けられています。手足に障害があるひとたちにとっては、義足や義手は欠かせないものですが患者の体にあったものを作らなければならないので制作にはある程度期間がかかってしまうようです。

 

期間がどのくらいかかるかはそれぞれの患者によって違いがあるようですが、たいていは一週間ぐらいはかかるようです。また義足などは生活に欠かせないものなので毎日使われます。なのでときには壊れて修理に出したり、または身体の変化などが起こったりして作り替えなければならないケースもあります。そういった場合も期間は短くても一週間はかかってしまうようです。それに現在義肢装具士は不足しており、多くの患者を抱えているケースが多いので制作や修理は考えているよりも、期間がかかってしまうようです。