日本義肢装具学会学術大会の取り組み

義肢装具士のやりがいについて

義肢装具士は、事故や病気によって手足を失った方や、身体の機能障害を持つ方のために義肢や義手を作ったり、コルセットやギブスといった装具を作り、それを患者さんの身体に合わせて調整したりする仕事を、主に行います。

 

義肢などを製作する際には、重いものを持ったり運んだりしなければならない場面もあるため、想像以上に体力のいる仕事です。
また、義肢装具士の仕事は、装具の製作だけでなく、患者さんの身体に合わせて装具の調整をしたりすることも必要です。なので、患者さんのニーズを上手に引き出すための高いコミュニケーション能力も求められます。

 

義肢装具士としての仕事のやりがいは、やはり患者さんの笑顔にあるのではないでしょうか。
事故や病気によって手足を失った患者さんの中には、半ば自暴自棄になり、義肢装具士にも辛く当たったりする人もいます。そうした患者さんの抱える辛さを受け止め、義肢や義手を着けて再び立ち上がるためのサポートをしなければなりません。採寸から製作や調整などの各段階において、患者さんの気持ちに寄り添いながら、作業を進めることが大切です。特に調整は、患者さんの身体に合わせて、細かい微調整を何度も繰り返さなくてはなりません。義肢装具士も患者さんも、お互いに大変な作業ですが、こうした苦労を経て、自分の身体にしっかり合った装具を着けて、患者さんが喜び笑ってくれた時が、義肢装具士にとって最もやりがいを感じる瞬間であると言えます。

 

また、義肢装具士の仕事は、経験年数よりも実力がものを言います。経験年数が短くても、きちんとした実力があれば就職に苦労することはありません。しかし、これは逆に言えば、常に技術や知識を研鑽しておかなければならないということであるとも言えます。日本義肢装具学会が主催する日本義肢装具学会学術大会などは、義肢装具士にとって、知識や技術を研鑽するために大変有意義なものです。
こうした会を通して、実力を磨くことも、やりがいにつながるのではないでしょうか。