日本義肢装具学会学術大会の取り組み

義肢装具士に必要な資格は?

義肢装具士という職業をご存知でしょうか?
事故や病気などにより、手や足を失った方に、人工の手足を作ったり、身体の機能に障害を持つ方に対して、その機能を補助する装具の製作などを行う仕事をする人のことです。
義肢や義手などの装具を作ることは簡単ではありません。人はみんな同じように見えますが、一人一人身体の形などが微妙に違います。義肢や義手も、使う人の身体に合わせて作る必要があるので、きちんとその人の身体に適合するように、採寸や組み立て、仕上げなどの工程をきちんと行い、丁寧に進めていく必要があるのです。
こうした義肢や義手などの装具を作ることができるのは、義肢装具士の資格を持っている人だけです。

 

義肢装具士になるためには、義肢装具士の国家資格を取得することが必要です。国家資格を取得するためには、まず国家試験の受験資格を取得する必要があります。この国家試験の受験資格を取得するためには、高校卒業後に義肢装具士養成課程のある専門学校で3年間学ぶか、大学や短大で1年以上学んで指定された科目を履修した後に養成施設で2年以上学ぶか、職業能力開発促進法に基づく技能検定に合格した後に養成施設で1年以上学ぶという方法があります。
そして、国家試験を受け、合格して初めて義肢装具士になれます。

 

義肢装具士になってからも、様々な勉強が必要になります。
技術の進歩などに伴い、それに見合った知識や技術を習得することはもちろんのことですが、この仕事は、ただの物作りの仕事ではありません。装具を使う方との綿密なコミュニケーションが何よりも必要とされる仕事です。高いコミュニケーションスキルも求められます。また、様々な知識が必要となる仕事でもあります。
日本義肢装具学会では、日本義肢装具学会学術大会などを定期的に開催して、知識や技術の向上や後進の育成などに力を尽くしています。
大変な仕事ではありますが、それと同時に、大変やり甲斐のある仕事でもあります。