ダブル洗顔不要のクレンジングって肌にいいの?

ダブル洗顔不要のクレンジングを使ってみようという方は、そのメリットやデメリットを理解していますか?


何となく洗顔なしで済ませてしまうと汚れやヌルヌルが残りそうというイメージを持っている方も多いと思いますが、肌質によってメリットの方が多いくらいです。


特に乾燥肌や毛穴が気になる方にはおすすめです。


そこで、これからダブル洗顔不要のクレンジングを使用したいと思っている方に、メリットやデメリット、乾燥肌や毛穴にいい理由、おすすめのメイク落としなどについて紹介しますので、日々のスキンケアの参考にして下さいね。


おすすめのアイテムをすぐに知りたい方は、「ダブル洗顔不要のおすすめクレンジングランキング」へ移動して下さい。


ダブル洗顔が不要のもので汚れは落ちるの?

ダブル洗顔不要のクレンジングの仕様を検討している方の中には、「本当にメイクはちゃんと落ちるの?」と不安を持っている方も多いでしょう。


確かに汚れの種類がことなるメイク汚れと皮脂汚れを1回で済ませてしまうとなると、なんとなく洗浄力が弱くなるようなイメージがありますよね。


でも、基本的には


メイクを落とす能力は同じくらい

と思っていいでしょう。


大きな違いは「界面活性剤が入っているかいないか」という部分なので、総合的に見て洗浄力自体にそれほど違いはないのです。

そこで、どうしてもメイク落としと洗顔を別々にしないと落ちないような気がするという方に、

  • ダブル洗顔が必要なものと不要なものの違い
  • 洗浄力は変わらない

という点をもう少し詳しく説明しましょう。


ダブル洗顔が必要なものと不要なものの違い

クレンジングを選ぶときにダブル洗顔をした方がいいのか、しなくていいのか悩む方は多いと思いますが、まずメイク落としそのものにどのような違いがあるのかを知ることが大切です。


大きな違いは、「界面活性剤が入っているかどうか」という点です。


基本的にメイクは汗などで落ちないように水分では落としにくい油性のものなので、落とす時には油分で溶かす必要があり、この役割を果たすのがクレンジングですね。


そして、クレンジングも油なのでメイクは落とすことはできても、クレンジング剤が肌に残って水だけでは落とすことができずに残ってしまいます。


それだと肌に負担がかかってしまうため、最後に洗顔料で油分を落とすことが必要なのです。


洗顔料には油と水をくっつけて水でも流せるようにすることができる界面活性剤が配合されているので、メイク落としの油分や皮脂を浮かせて水で洗いが流すことができるようになるわけです。


この界面活性剤をクレンジングに配合させることで、メイク落としつつ、油分もしっかり水で流せるようにしたのものがダブル洗顔不要のクレンジングなのです。


洗浄力は変わらない

さきほどの説明からもわかるように


  • ダブル洗顔が必要なタイプ:メイク落とし(油)+洗顔料(界面活性剤)
  • ダブル洗顔が不要なタイプ:メイク落とし(油+界面活性剤)のみ

であるため、どちらも油分でメイクを浮かせて落とし、界面活性剤で残った油分を落とすという仕組みは同じです。


そのため、基本的にダブル洗顔をしないからといってメイクの落ちが悪くなるとういわけではないのです。


1本で2役だから効果が薄いと根拠なく書かれている場合もあるのですが、そんな単純なものではないことをしっかりと理解しておいてください。

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリットとデメリット

ダブル洗顔不要のクレンジングを購入する前に、期待できる効果についてしっかりと理解しておくことが重要です。


そこで、まずはメリットとデメリットを整理して、今あなたが本当に使うべきかどうか検討してみて下さい。


メリット

ダブル洗顔をしないことによるメリットは、主に


  • 低刺激
  • 時短
  • 経済的

といったものが挙げられます。


これらの特徴はなんとなく想像つく方も多いと思うので、それぞれについて簡単に説明しておきましょう。


低刺激

クレンジング1本でメイク落としと洗顔を済ませることができると、当たり前ですが顔をゴシゴシと摩擦する回数がおおよそ半分になりますよね。


そのため、敏感肌の方はもちろん、乾燥肌や毛穴が目立ちやすいといった悩みを抱えている肌の改善をサポートしてくれる効果が期待できるのです(理由は後述)。


肌トラブルの改善というと化粧水や美容液選びが大事だと思っている方も多いのですが、実はスキンケアの一番最初に行うメイク落としでいかに肌に刺激を与えないようにするか?ということもとても重要なのです。


時短

これも当然ですが、洗顔を改めてしなくていいので5分〜10分くらいは時短が可能ですね。


メイクを落とした後に洗顔をするとなると、泡立てをして顔を洗って、手を洗ってすすぎをして、と意外と時間がかかりますよね。


特に子育て中の方は1分でも早くスキンケアを済ませたいものですし、仕事などで帰宅が遅い方は早く寝たいからスキンケアをさぼりたいと1度は思ったことがあるでしょう。


そういった方こそ、ダブル洗顔不要のクレンジングがぴったりだと思います。


経済的

最後にこれも当然なのですが、ダブル洗顔不要のクレンジングであれば洗顔料がいらないので、その分の購入費がゼロになるので経済的ですね。


女性が使用する洗顔料の価格はピンキリですが、安いものなら1,000円以下のものもありますが、だいたい1ヵ月あたり1,500円くらいはするのではないでしょうか?


単純な洗浄力だけでなく、ニキビケアなどに合った成分や保湿成分が多く配合しているものなら3,000円程度するものもあるので、1ヵ月でも結構な節約になるのです。


仮に1ヵ月あたり1,500円の節約になると考えると、1年間で18,000円にもなるので、実は結構大きな経済効果があるのです。


デメリット

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリットとしてどんな点があるかというと、考えられるのは1つだけで


 
洗い上がりのサッパリ感が少ない

という点だけでしょう。

界面活性剤が肌への負担になると言われることもありますが、前にも説明したように洗顔料には基本的に界面活性剤が配合されています。


だから界面活性剤すべてが悪いのではなくて、中には強力な油汚れも落とせるような洗浄力が強く肌への負担になるようなものもあるのですが、市販されているもので肌への負担になるような界面活性剤を配合しているものは現在ではないと言ってもいいでしょう。


ただ、最後に洗顔をしないのでどうしてもメイク汚れやクレンジング剤などがほんの少しだけ残ってしまった場合に、肌への負担にはならない程度のものでも、洗い上がりのサッパリ感が少なく、ちょっとヌツつきなどを感じる場合があります。


そのため、人によっては洗い上がりの感覚にマイナス面を感じる方もいると思いますので、口コミなどで評価のいいものであっても感覚的に合わない場合もあるということを頭に入れておきましょう。

乾燥肌や毛穴対策にダブル洗顔不要のクレンジングが効果的な理由

前の項目の中で、ダブル洗顔不要のクレンジングは低刺激であるため乾燥肌や毛穴対策にもおすすめだと言いましたが、その理由がどうしてかわかりますか?


実は乾燥肌や毛穴が目立つ女性の中には、過剰なスキンケアが原因でこれらの肌トラブルに悩んでいる方が多いので、刺激を少なくすることが美肌を手に入れるためには必要不可欠なのです。


では、どうして乾燥肌や毛穴の黒ずみや角栓の改善にダブル洗顔不要のクレンジングが効果的なのか、その理由を詳しく説明しましょう。


乾燥肌対策にいい理由

乾燥肌には睡眠や加齢など多くの原因が絡み合っていますが、根本的な問題の多くは角質層の細胞間脂質と呼ばれる油分が不足しているためです。


皮膚の表面には角質層と呼ばれる0.02mmの薄い膜が存在していて、潤いを逃がさないようにする働きがあります。


角質層は本来細胞がレンガのように規則正しく並べられているのですが、どうしても隙間ができてしまうため、その隙間を細胞間脂質が埋めてることで、うるおいを逃がさないように守ってくれているのです。


でも、この細胞間脂質はクレンジングや洗顔で余分な皮脂を落とそうとすると、どうしても一緒に洗い流されてしまうため、強くこするような間違った洗い方としていると乾燥肌になりやすい肌になってしまうのです。


そのため、ダブル洗顔不要のクレンジングを使って過剰な刺激を減らすことができれば、細胞間脂質の流出も軽減されることが期待できるため、乾燥肌を改善したい方にぴったりなのです。


毛穴対策にいい理由

また、刺激を減らすことは毛穴のつまりを改善するという効果も期待できます。


毛穴の黒ずみや角栓に悩んでいる方の多くは、どうにかして毛穴の中の汚れを除去できないかと考えがちですが、ただ汚れを取り除いても、毛穴が詰まりやすい体質を変えない限り、また時間の経過とともに元の肌に戻ってしまうだけです。


根本的な問題はほとんどの場合、皮膚のターンオーバー(角質層の再生サイクル)が乱れてしまっていることが原因で、本当は剥がれて新しいものに生まれ変わるはずの古い角質がいつまでも皮膚に積み重なり、毛穴を埋めて詰まりやすい環境を作ってしまうのです。


ターンオーバーが乱れる原因も多くの要因が重なっているのですが、その中の1つに「皮膚への過剰な刺激」というものがあります。


皮膚はゴシゴシ擦るような過剰な刺激を続けていると、刺激を和らげるために角質を厚くしようとするため、ターンオーバーを遅くしなければなりません。


ターンオーバーを遅らせると確かに角質は厚くなりますが、毛穴も詰まりやすい環境になってしまうのです。


そのため、正常なターンオーバーを維持するためには過剰な刺激を避けることが大切で、そのためにもダブル洗顔不要のクレンジングを使用することで過剰な摩擦刺激を抑えることが重要になってくるのです。


このように、ダブル洗顔不要のクレンジングは、肌質によってはメリットが非常に多いので、何となく汚れが落ちないというイメージだけで使用しないのはもったいないと思います。


使ってみたいけどどんなものがいいかわからないという方に、ダブル洗顔不要のクレンジングのおすすめアイテムを紹介しましょう。

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジングランキング

リ・ダーマラボ モイストクレンジングゲル

リ・ダーマラボ

商品の特徴

美容皮膚科の現役医師が監修し、雑誌やメディアも大注目の定番クレンジング。

肌に優しいのにしっかりと汚れを落とす新感覚のこんにゃくスクラブが、毛穴の汚れを落としながらしっとりと洗いあげてくれると高評価です。

通常価格2,848円(税抜)が初回のみ1本無料でプレゼント(実質半額)!さらに14日間の返金保証付き!

価格(2ヵ月分) 3,076円(税込)
評価 評価5
送料 無料
ポイント
  • 現役医師が監修
  • こんにゃくスクラブにより肌に優しく汚れを落とす
  • 初回1本プレゼント+2週間の返金保証付き
リ・ダーマラボをもっと詳しく見てみる
アテニア スキンクリアクレンズオイル

アテニア

商品の特徴

落としにくいアイメイクをする方や、メイクが濃い方はアテニアのスキンクリアクレンズがおすすめです。

ダブル洗顔不要でオイルタイプの珍しいアイテムで、メイクはもちろん、くすみの原因となる肌ステインまでケアしてくれるので年齢肌に悩んでいる方にもぴったり。

2ヵ月分のメイク落としにアテニアの人気化粧水(2週間分)がついて、1,836円というコスパの良さも好評です。

価格(2か月分) 1,836円(税込)
評価 評価4.5
送料 無料
ポイント
  • ダブル洗顔不要のオイルクレンジング
  • くすみの原因である肌ステインまでしっかりケア
  • 2か月分のメイク落としに人気の化粧水がついてたったの1,836円という高コスパ
アテニアをもっと詳しく見てみる
マナラ ホットクレンジングゲル

マナラ

商品の特徴

累計販売数1,000万個を突破した人気のメイク落とし。

肌にのせるとポカポカする吸着ジェルが毛穴の汚れをごっそり!しかも成分の9割以上が美容成分だから洗い上がりもしっとり。

しかも通常価格4,104円のところ初回限定で27%OFFの2,990円、さらに45日間の全額返金保証付き!

価格(2ヵ月分) 2,990円(税込)
評価 評価5
送料 2本以上で無料(1本だと630円)
ポイント
  • 累計販売数1,000万本を突破した人気商品
  • ポカポカする温感&吸着ジェルによって毛穴の汚れをごっそりと
  • 初回限定27%OFF&45日間の返金保証付き
もっと詳しく見てみる

肌質によってはダブル洗顔をすべき

ここまでダブル洗顔不要のメリットを主に説明してきた通り、乾燥肌や毛穴の悩みのある方には非常にメリットが多いと言えるでしょう。


でも、現在特に肌に悩みを抱えていない健康な肌の場合には、刺激を緩和する必要もないのでクレンジング剤が肌に残ってしまうかもしれないというデメリットが際立ってしまいます。


そのため、特に肌に悩みのない方は、ダブル洗顔が必要なタイプのクレンジングでしっかりとメイクを落として、その後に洗顔料で皮脂汚れやクレンジング剤をしっかりと落とした方がリスクは少なくなると思います。


なんとなく楽そうだからとか経済的な面だけで選ぶのではなく、あくまでも今のあなたの肌質に合うかどうかで判断してみて下さいね。