スクラブ入りの洗顔量は肌によくないって本当?

スクラブ入りの洗顔料のほうが何となく汚れが落ちるからいいような気がしますが、肌によくないということを聞いたことがありませんか?


実際に今使っていて問題ないという方はいいのですが、あなたの肌質や洗顔の仕方によっては肌によくない影響を与えてしまう場合もあるので注意が必要です。


でも汚れが落ちやすいというのも事実なので、スクラブ洗顔の特徴とご自分の肌質や今抱えている肌の悩みを照らし合わせてうまく毎日のスキンケアに活用することが大切です。


何となくスクラブ入りの洗顔料を使っていて肌に合わないような気がしている方や、これから使用を考えている方に役立つように、メリットやデメリット、避けた方がいい肌質などを解説していきます。


スクラブ洗顔のメリットとデメリット

スクラブ洗顔は何となく汚れが落ちるとか、肌に負担がかかるといったイメージがあると思いますが、肌質や時期に合わせて上手に使い分けられるように、メリットとデメリットを確認してしっかりとポイントを整理しておくことが大切です。


メリット

まずスクラブ入りの洗顔料を使用する最も大きな利点としては、当たり前ですが「汚れをしっかりと落とせる」ということですね。


粒子の種類にもよっても洗浄力は変わってきますが、一般的な洗顔料よりも皮脂汚れを落としやすいだけじゃなく、普通は落とせないような古い角質や毛穴の汚れまで落とす効果も期待できるのです。


一般的にピーリングというと、酸によって角質を少しだけとかして除去するのですが、実はスクラブも粒子によって角質を除去するピーリング方法の1つなのです。


そのため、皮脂が過剰で毛穴の詰まりやすく思春期ニキビのできやすい10代の肌や、角質が厚くなってゴワゴワした肌に悩んでいる場合には、スクラブ入りの洗顔料を使うことも改善方法の1つだと考えられるのです。


デメリット

デメリットとメリットは表裏一体で、スクラブ洗顔のメリットであるはずの洗浄力の強さが、その時の肌トラブルの種類や肌質によっては刺激が強すぎたり症状を悪化させてしまう作用があるという点です。


不要な油分や角質などが多い場合はスクラブの洗浄力がメリットになるのですが、必要な油分と適度な角質しかないのにそれを無理やり粒状のものでゴシゴシ擦って刺激を与えてしまうと、肌に不必要に負担をかけることになってしうのです。


そのような刺激を続けていると、皮膚内部の潤いを保持したり、刺激を緩和するためのバリアとしての役割を機能させるために不可欠なセラミドと呼ばれる成分が角質層から流出して、乾燥しやすくなったり刺激に弱いデリケートな肌になってしまうのです。


乾燥肌や敏感肌の原因になるセラミド不足について詳しくはこちらを参考にして下さい。 >セラミド不足を引き起こす原因と改善するためのスキンケア


だからスクラブ洗顔を使用するときにはどのような肌質に向いていないのかをしっかりと把握しておくことが、美肌になるための適切なスキンケアを実践する上で重要なのです。

スクラブ洗顔が合わない肌質

スクラブ洗顔を使用することで、肌トラブルが悪化してしまったりすることがないように、使用を避けた方がいいのはどのような肌質の場合かを把握しておきましょう。


具体的にどのような肌質の方に合わないかというと


  • 刺激に弱い肌
  • 炎症を起こした肌
  • 乾燥肌

です。どうしてこれらの肌質の方は避けた方がいいのか簡単に説明しておきましょう。


刺激に弱い肌

これはいわゆる敏感肌と言われる状態で、普通の方が刺激とは感じないようなことでも炎症を起こしたりトラブルにつながってしまうような肌質ですね。


意外と自覚のない方も多いのですが、化粧水などがヒリヒリとしみる経験があったり、肌荒れを起こしやすいような方は刺激に弱い肌になっている可能性があります。


敏感肌ぎみの方は、洗顔時の摩擦刺激でさえも負担になってトラブルを起こすことがあるので、当然肌を擦ることがよくないことはイメージできますね。


だから、敏感肌である自覚のある方はもちろん、過去に化粧品などでも刺激を感じることが合った方は避けておいた方がよいでしょう。


炎症を起こした肌

ニキビや肌荒れによって皮膚が赤みを帯びているような場合は、肌が刺激に対して敏感になっているのでスクラブは控えた方がいいでしょう。


ニキビに悩んでいる方は清潔にするためにしっかりと洗った方がいいという認識を持っている方が多いので、洗浄力の強いものを使用すべきだと思っているのではないでしょうか?


でも実際にはスクラブによる刺激が炎症を悪化させたり、皮脂を落としすぎて逆に過剰な皮脂分泌を促進してしまっていることがあるので注意が必要なのです。


乾燥肌

乾燥肌ぎみの方にとっても、スクラブ洗顔はあまり向いていないでしょう。


デメリットのところでも説明したように、洗浄力の強い洗顔料を使用するとどうしても潤い保持する上で必要なセラミドが多く流出してしまうため、さらに水分が蒸発しやすい肌になってしまう可能性があるからです。


だから粒々などが入っていないものを使い、面倒でもできるだけたっぷりと泡を作り、泡を皮膚の表面に塗布するような感覚でマッサージするように摩擦による刺激をできるだけ減らすことが大事なのです。

スクラブでも肌に優しいものもある

スクラブというと基本的には洗浄力を高めるためにあるので、肌への負担は大きくなりがちなのですが、すべてが肌によくないものというわけではありません。


スクラブ自体は元々は研磨剤として使用する粒子のことですが、洗顔料に含まれるものは人工的に作られたナイロンパウダーや合成ワックス、マイクロプラスチックビーズなどいろいろなものがあります。(最近は環境汚染を避けるためプラスチックビーズは使わない傾向です)


通常の洗顔では落とせない汚れを取るために使用するものなので、一般的には洗浄力が強く肌への負担は大きくなる傾向にあります。


でも、最近は塩など非常に肌に優しい天然由来のものも多くなってきていて、代表的なものとしてこんにゃくスクラブといったものもあるのです。


もし、今使っているものよりも洗浄力の高い商品を使ってみたいけど肌に合うか心配という方は、こんにゃくスクラブのような肌に優しいもの選ぶようにしてみて下さい。

基本はスクラブなしの洗顔料で優しく洗うのがおすすめ

ここまで説明してきたように、スクラブ入りの洗顔料にはメリットもデメリットもあるのですが、基本的に大人のスキンケアで使用する場合には、スクラブなしのもので優しく洗う方がいいと思います。


その理由は、大人の女性の肌トラブルの多くが「乾燥」や「ターンオーバーの乱れ」に起因しているからです。


10代の頃のように肌の新陳代謝が活発過ぎて逆に皮脂が分泌していたり、男性の肌のようにギトギトしたような脂性肌の場合には、対策としてスクラブ入りの洗顔料などで洗うことも効果的だと思います。


でも20代後半から30代の女性の場合は、皮脂や毛穴の黒ずみ、角栓などが多いとしても、ほとんどの場合が潤いが不足しているために皮膚が潤いを補おうとして皮脂が多くなっていることや、加齢や睡眠不足などによってターンオーバーが乱れていることが原因になっているので、洗浄力の強いもので洗うのは逆効果になってしまう可能性が高いのです。


だから、正しい洗顔方法としてスタンダードで目新しいやり方ではないのですが、弾力のある泡を使って手と顔の皮膚が擦れ合わないように保護しながら優しく洗うことが大切なのです。

敏感肌にもおすすめのこんにゃくスクラブ洗顔料

先ほど説明したように大人の肌トラブルにはつぶつぶの配合されていない洗顔料を使った方がいいのですが、前にも説明したように粒子の中にはいろいろな素材のものがあり、その中でもこんにゃく由来のものであれば肌に優しいのでおすすめです。


 

こんにゃくスクラブは敏感肌用のスクラブとも言われ、不要な汚れを落としつつマッサージ効果も期待できる優れもの。


 

もしも敏感肌で肌に優しい洗顔を心がけているけど、ちょっとヌルつきなどの汚れ残りが気になる場合には、こんにゃくスクラブを試してみることをおすすめします。


 

しっかりとメイクや皮脂の汚れをとしつつも、つっぱらない優しい洗い上がりを実感できるでしょう。